フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

なんだか眠れない。ので戯言。

なんというか最近、見る、ということに興味が増していて。


自分は昔剣道をやっていたのですが、そのころ『見取り稽古』というのがあったりして。
頑張って見てたわけです。
嫌になるほど見て、見たものを自分の体で直感的に感じることが出来る感覚を養うわけです。

自分のダラブッカは独学です。
全部、見て、聴いて、盗みました。
芸事に限らず、基本的には全てがそういうものだと思っていました。基本的には、です。
でも見ても聴いても分からず時間が勿体無い時は、きゃっきゃしながら教えてもらいます。そして、教えを請わなければ決して見えない場所も、どうやらあるようだということも分かりました。でも見るんです。

自分は音楽やるわけですから聴くのは当たり前のこと。
聴いて、その奥にあるものを見つめるわけです。

でも、もしその音がなかったらどうでしょう。

と、たまに思う。

演奏中・・・
この音がなくて、もしかしたら音というものが存在しなくてあるのは動く姿だけ。ということはここに大気というものがない、と仮定するわけだから息はできない。や、息というものも存在しない。波動は起こらないわけです。
とするとミュージシャンというものも存在しない。というかミュージックという言葉は他の言葉に置き換わるわけです。
とか思いながら演奏したことが最近ありました。共演者の方々ごめんなさい。


なんだか話がそれてきたので戻します。

美しいのです。
奥の見える音を出す姿はなぜかいつも美しい。そう感じませんか。とか思うんです。
決して、美しい動きが素晴らしい音を出すのではありません。

たとえニュルっとした音色の一発でも、何気なく虫を捕まえる手にも、その奥底には脈々と流れるものが感じとれる。


というのも先ほど、音の無い世界で少年が一人、虫を捕まえている夢をみました。
無造作に虫を掴むその手があまりにも美しくて、凝視する。
その手の上を虫が歩き出して、少年の腕についたその足跡が全て光の玉になっていく。
音符のように見えた。

彼はまだ小学校に上がるかどうか。
振り向くと左目がなく、でも憂いと包容力、柔らかな怒りを抱いた、澄んだ紫色の右目。
タンクトップから見えた彼の肩にも目があって、こちらに向かって振ったその手の平にも目があった。
何をそんなに見たいのだろうか、と。自分は考え、それならおれはもう一本、いや、もう二本手が欲しい。
と、彼にお願いしたのでした。
彼は指で空中に文字を書く様に話かける。
そんなに手を増やして何をしたいの?手がなければ、あなたは何も出来ないの?と。

たぶん、今手が無くなったら、自分は何も出来ない人間になります。しばらくは。

10月スケジュール

相変わらずスケジュールへのリンク方法が分からず・・・取り急ぎ2つお知らせを・・・

今回のお詫びはこちら。
西荻在住の「ミウさん」です。


Getattachment





ブレてるけど萌

●10.11(日)

『Horus Ensemble』@西荻窪「サンジャック」


090315_gakutai1351




今井ドラゴン龍一 (oud) 及川景子 (vln.) 立岩潤三 (perc.) 船原徹矢(req)

open/18:30~ start/19:30~(2 stage)
charge/¥2,500+1drink order

<場所>
西荻窪「サンジャック」(03-3335-8787)
http://pomkn.cocolog-nifty.com/

● 10.18(日)

Lune d'eau ~Nenuphar blanc~(ダンスアラベスク・イベント)
 
  フランス語で「Lune d'eau(リュヌド)」は水の月、
  そして白睡蓮(Nenuphar Branc)という意味を持つ。
  わたしが「Nenuphar」という名前を使うようになって、
  20年前からずっと踊り続けてきたベリーダンスとのかかわりが、
  またひとつ深くなったような気がしている…
 
  昼の部 14:00開場/14:30開演 夜の部 18:00開場/18:30開演
  出演☆Nenuphar、浅井史子、飯田千代、伊南陽子、植田桂花、緒方美保、小原さと子、
     鹿島ゆみゑ、蒲田亜紗子、北代麻理子 小薮有未、柴華絵、清水まりか、高野彰子、
     高橋早乃、田中明子、福谷智美、山下華寛 (五十音順)
 
  立岩潤三/ダルブカ、藤井良行/サズ、石田秀幸/ネイ・カヴァル、及川景子/ヴァイオリン、
  大澤史郎/ヴァイオリン、星衛/チェロ、平井ペタシ陽一/ダフ、船原徹矢/レク
 
  [ゲスト演奏者]林あかね/ピアノ
  
<場所>北沢タウンホール
     世田谷区北沢2-8-18 tel: 03-5478-8006
     下北沢駅南口から徒歩4分
    (小田急線 新宿駅から 急行7分・各停10分/井の頭線 渋谷駅から 急行3分・各停5分)
 
  チケット☆前売り¥3500/当日¥4000 自由席
  お申し込み・お問い合わせ先☆info@dancearab.com


« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

レッスン情報