フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

« もういない。ということ。 | トップページ | フレームドラムレッスン。 »

失敗から得るもの。

稽古中に捻挫。太鼓の稽古じゃないですが。


内反捻挫だけど前距腓なんかは問題なく、直後から内側に痛みがあって、嫌な感じだなーとは思っていたけど、翌朝から内果周囲に激痛。起きた直後は床に足がつけない。三角靱帯も痛めたようだ。。
教科書通りのRICE処置の甲斐があってか、腫れはさほどなし。でも圧痛は・・・!!!

自分で徒手検査するとまあ骨は問題なく。三角痛めると長いからな。。最近治りが悪くなってきているから特に。。。


とりあえず温熱と冷却を交互に行って、自己治療。その後関節を締めてやると少し歩くのが楽になった。
寝てる時足を上げていて、少し踵が浮いてしまったのかもしれない。ゆるんだ関節に体重をかけたらそれは激痛でしょう・・・とりあえずこれで歩ける。

色々眺めてみる。いじりたおしてみる。
日頃患者さんに直接こんなことは出来ないので、こういう機会には自分の身体で実験するのが常。

と、そこで先日業者さんからすすめられてサンプル購入した『KTテーピング』を試してみることに。


20131020_195530_733

夏の世界陸上で、やたらカラフルなテーピングをしている選手。覚えている人もいるでしょう。今までもいたのかもしれないけれど、今回はやたらに多かった。あのテープです。キネシオテープのアレンジ版というか。今回買ったのは黒ですが、ブルーとかオレンジもかっこいい。
ちょっと高いんで節約のため今回は省略的巻き方だけど、、通常キネシオより張力強いからこれでも充分。

一枚一枚がプレカットされているので、出先で都度ハサミで切る必要がない。というのはとてもいい。
応急処置はもちろん、少しテープで補強したいタイミングにサッと使える。
通常のキネシオより撥水加工も強いようで、風呂に入っても問題なし。タオルで水分吸ってやる必要もない。水泳選手も使っているらしい。抵抗になるから本番は使いたくないだろうけど、練習の時はいいですね。

ただ、細かい部位に使用する時はハサミで切ってアレンジすればいいけど、大腿部やハムスト等長く一本で決めたい時には少し不自由かな・・・そうなるとやはり通常のキネシオも併用する必要が出てきそう。

もう一点併用が必要な理由。
従来のキネシオの張力がゆるくて薄いというのは、一つの捨てがたい効果を生むわけです。
筋筋膜の隙間を考えた『治りを早くするため』のテーピング、という理論。
これは考えのベクトルが違うので、KTテープと比べるのがそもそも間違っているのですが、これらを加味すると併用した場合のKTの存在感というのは、逆に大きくなるかな。おしゃれだし。






« もういない。ということ。 | トップページ | フレームドラムレッスン。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200248/53667185

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗から得るもの。:

« もういない。ということ。 | トップページ | フレームドラムレッスン。 »

レッスン情報